【保育園・幼稚園】入園準備の必需品!おすすめバッグやエプロンも…

子どもの保育園の通園が決まったあなたへ…

バッグはどんなのがいい?
何を入れるの?
おすすめグッズは?
1歳児の保育園バッグはこんな感じ。
選んで良かった物、悩んだ点などをまとめました。

こさつき

1.バッグの中身

園によって中身は違うと思いますが、だいたいこんな感じかと。
冬は服が分厚くなるので、バッグもパンパンです。

    ・おむつポーチ
     おむつ5枚・おしりふき
    ・マグ
     保冷機能があるものが◯。
     容量が少ないと、夏は2本いるかも。
     肩紐はなくても、ボトルカバーで代用可(便利)。
    ・エプロン
    ・着替え
     上下・下着靴下3セット
    ・ビニール袋
     汚れた衣類入れ
    ・帽子
     首の日除け付きが◯
    ・タオル3枚
     紐&名前スペースがあるものが◯
     コロナ禍になってからは除菌シート
    ・うわぐつ、うわぐつ袋
     足が甲高、着脱が苦手な子は、マジックテープ式がおすすめ
     店頭ではめったに無いので、ネットで購入を。
    ・連絡帳、出席簿
【上靴で足育】マジックテープ&高機能7選【比較表】

こさつき

連絡帳は子どもが大人になるまで保管しましょう!
私は親から渡されましたが、読み返すと面白いし、いい思い出になります♪

2.バッグ

    ・チャックで閉じられる
    ・横長
    ・マチあり
    ・軽くて丈夫

この4点が最低基準です。

私のおすすめは「キャリーオンバッグ」!
キャリーバックの持ち手に通して、上に乗せられる、旅行用バッグです。
軽くてサイズも丁度いいし、勿論、お出かけの時にも使えます♪
均一ショップで300円~500円で買えると思います。

【追記】
2才児クラスからは自分で背負えるように、リュックにしました。
【保育園・幼稚園リュック】おすすめはコールマン!アウトドアとの比較も…

3.エプロン

100均、プラスチック、色々試しましたが、3coinsのシリコンエプロンが最適でした!
油性ペンで名前を書くと、1週間も経たずに消えてしまいます。
防水タイプの名前シールがおすすめです。
赤ちゃんエプロン!4社比較,おすすめ2選,etc.

4.おむつポーチ

アカチャンホンポのオリジナル商品がおすすめです!

フラップ付きでおしりふきが取りやすい&乾きにくい。
更に、おしりふきとおむつの空間が別なので、湿気にくい。
この2条件が揃ったおむつポーチが意外とないんです。

サイズ感は、GOONのビッグサイズでも5枚入るくらい。
中のポケットにゴミ袋、お出かけ時には外ポケットに使い捨てエプロンも入れています。
とても使いやすいので、友人にプレゼントしたこともあります。

5.お昼寝布団の選び方

軽い・持ち運びやすい物がおすすめ。
息子が通う園では、2週間に一回(夏は毎週)、週末にお持ち帰りです。
自分でお布団を出し入れさせる園もありますし、重い綿布団だと大変なので、軽いもので良いと思います。

バッグ付きのセットでそろえると楽です。
敷きパッドを夏用と冬用に買い足しました。
敷布団は洗えない物が多いので、気になる方は本体も洗えるものを探すと良いかも。

ただ、掛け布団いらないかも。
我が家は、夏はバスタオル、冬はブランケットです。
園の暖房具合によるので、入園説明会時やお電話で聞くのもありです。
※お電話は一番忙しい朝夕の送迎時間を避けてかけましょう。


6.揃えておくといいもの

    ・フープ付きハンドタオル
    ・靴(2足)
    ・長靴
    ・レインコート
    ・チャイルドシートの保護布

これらは必須です。
フープ付きタオルは手持ちタオルと100均グッズで作れますが、
作る手間・剥がれるリスクがあるので、買ったほうが楽です。

他は言わずもがな…(笑)
雨の日の送迎は大変なので、要シミュレーション。
レインコートを選ぶポイントは、前が透明のもの。視界をさえぎらないように。

砂だらけでの帰宅もあります。ポケットも。
チャイルドシートは洗うのも大変ですから、布を敷いておくと安心です。

7.名前書き問題

人に譲るかも、次の子が使うかも…と気を使ってしまって、書く場所に困る名前。
マスキングテープで頑張ったりしましたが、取れていないかのチェック、貼り直し、日々の手間が増えます。

人に渡す時はタグを切るか、マジックで潰せばいいと割り切って、やりやすい&見やすいようにした方が楽です!

グッズにはネームタグがあるものを選ぶ

手持ちの物に100均のネームタグを付ける方法もあり。
ただ、アイロンで付けたり、縫ったり大変。
最初からネームタグがあるものを買ったほうが早いです。
毛足が長いタオルは、アイロンシート不向きです。洗うと段々取れました。

「mt」のマスキングテープを服のタグに巻きつけるようにして貼るのも、意外と持ちます。
でも剥がれてないかチェックが面倒…というかチェック自体しなくなるので、市販の名前シールがおすすめです。

名前シールは必須

書く場所がない、小さい、目立たない、素材がプラやシリコンですぐ消える…
そんな時にシールは大活躍です!

私は、靴・エプロン・マグ・ガーゼタオル等に使っています。
ネットで見つけましたが、動物型可愛いです。
店頭では揃ってないことが多いかも。

名前スタンプはいる?

最初の大量書きの時は、スタンプがあると超便利です。

ただ、スタンプ台はすぐ乾くし、書く場所は選ぶし、意外と手書きが早い場合もあります。

そこで!
名前シールと合わせて使う、超楽ちん!
沢山名前を書いておいて、必要な時に貼るだけ。
子供服は入れ替わりが激しいので、最初にしておくと楽です♪

こさつき

自分の字が好きではない人も多いのでは?
楽だし、見栄えも良いし、おすすめです。



※スタンプ台なしの方は、口コミ要チェックです!
「クリーナーも一緒に買ったほうが良い」という意見もありました。

8.まとめ

最初は悩みに悩みますが、しばらくの辛抱です。
極力日々の負担がないように準備していきましょう。

納得のいくグッズに会えますように♪

こさつき

子どもが「これが好き」と言い出したらおそらく買い換えるでしょうから、今は自分の好きなように…(笑)
水筒のゴムパッキンに黒カビ!漂白剤以外の方法は?【除去&予防法】

コメントを残す